• 月下輝政

冷却期間に少ないとはいえ連絡を取っては、あまり意味がない。

復縁のアプローチをする前には、冷却期間を置くのが基本ですが、単純な理由で別れた場合は、例外として別れた直後でも復縁は可能ですが、普通は冷却期間を置くのが一般的だと輝政は思います。

でも冷却期間については、注意点があるので確認していきましょう。

冷却期間に、「ときどき連絡を取るのはよくありません」

完全に関係が途切れるのを心配して、ときどき元恋人と連絡を取りたくなるかもしれません。

「1週間に1回くらいならいいかな」「10日に1回くらいならいいのではないか」と思ってしまう。

たしかに最低限のつながりを維持する意味では、ときどき連絡を取っておくほうがいいでしょう。

ここでの判断が復縁の結果を左右します。

ときどき連絡を取ってしまうと、冷却期間の意味がなくなります。

冷却期間は、お互いの関係を落ち着かせ、反省を促すのが目的です。

お互いの必要性を理解してお互いの立場を考えられるようになるには時間が必要だということ、なので、ときどき連絡を取り合うと、落ち着きも反省も中途半端になるため、冷却の意味も中途半端になります。

冷却期間は、完全に連絡を取らないのが得策です。

冷却期間は別れ方によって変わりますが、仮に「冷却期間は1カ月」と決めたら、1カ月間は一切連絡を取らないようにします。

連絡を取りたくなれば、やるべき仕事や自分磨きに集中して気を紛らわせるのがいいでしょう。(MINEより抜粋)




スピリチュアルスタジオソア 

メンタル&スピリチュアル

 (店舗所在地) 〒910-0036 福井県 福井市 三郎丸町 21-26-2 ソルジェンテ2階 

 (電話番号) TEL: 090-9443-5987  

 (メール) mail: sp.sore@outlook.jp

 (公式サイト) https://www.spiritual-studio-sore.com/

 (営業時間) 9:00-20:00 (時間外鑑定は要相談となります)

 (電話予約) 10:00-18:00 

 (メール予約)  24時間可能・確認でき次第対応いたします

 (定休日)  不定休 (お電話にてご確認ください)​

『姉妹店』リラクゼーションサロンソルジェンテ 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram